災害のトラブルに

住まいを災害に強くする

日本は様々な種類の災害のリスクの多い国です。 一戸建て物件で暮らす続けている場合、もちろん家族の人命を守ることが第一ですが、それとともに資産価値のある住まいが安全に保たれる必要もあります。 また仮に住まいが地震などで倒壊しなくてもライフラインが寸断されると、しばらく生活が困難になってしまう場合があります。 現代の人間は都市での便利な暮らしに慣れ過ぎていて、非常時に生きていく生活力を十分に備えていません。 ライフラインの面でいうと、電力はとても貴重です。 寸断されると住まいの様々なものが使えなくなりますし、時には人命にかかわることもあります。 もし自宅の屋根で太陽光発電をしていれば、送電線が寸断されていても発電ができるので、降り注ぐ太陽の光で発電ができます。

いざというときの電力としての太陽光発電

太陽光発電を導入する目的というと、まずは高騰する電気料金への対策ということになるでしょう。 たとえ太陽光発電への初期投資は高くても、売電収入もあるので、いずれは利益を生み出すことも可能となってきます。 そのような節約の対策やさらには資産形成という目的以外にも太陽光発電を自宅ですることで災害に強くなります。 電力会社との間の送電が途絶えたとしても、太陽光発電が機能していれば自宅の電力は使い続けることができます。 停電や災害という時にも電力が使い続けることができるわけで、いざというときの備えという役割も担ってくれます。 普段はどの様な電力を使っているかについてあまり意識する機会はないでしょうが、いざという時にはとても役立つ存在になります。

Copyright © 2015 環境を良くする【解体工事などで快適に暮らす】. All Rights Reserved.
Design by Megapx
Template by s-hoshino.com
このエントリーをはてなブックマークに追加